忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/12/11 18:12 |
プライシングリーダーの3’端についているATG配列
The Flatworm Spliced Leader 3'-Terminal AUG as a Translation Initiator Methionine
Guofeng Cheng, Leah Cohen, David Ndegwa, and Richard E. Davis
(2006) J. Biol. Chem. 281, 733-743

フラットワームのスプライシングリーダーの3’端についているATGがmRNAの翻訳にどう影響するかという論文。

いろいろと実験をしていていい論文だと思いますが、

フラットワームのATGはすべてのmRNAで翻訳に使われているわけではないようだ。

28%がメジャーな翻訳産物のインフレームらしい。
(インフレームでないATGは翻訳の邪魔をしないのだろうか)

そのうちのいくつかが翻訳開始に重要らしい。

僕の感想としては、5’UTRのATGが必ずしも翻訳開始点にならなかったりするんだ。
(コザック配列などがあったりするともっと確実に翻訳開始点になるのだろうが。)
とか、他の生き物ではATGがスプライシングリーダー配列になかったりする事を考えると、
フラットワームのこの例は特殊なケースなのかなと思った。
PR

2007/08/16 23:33 | Comments(0) | TrackBack(0) | 論文から

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<線虫のSLトランススプライシングとオペロン | HOME | ファスタネームから遺伝子配列を抽出するプログラム>>
サンカラショッピングモール / ダイエット / ビューティー・美容 / 布団・寝具 / 日用品・雑貨 / 家電製品 / 健康・ヘルスケア / 食べ物 / 飲み物 / アクセサリー / 時計 / ファッション / ブランド / ペット用品 / コスプレ / もしもの人気商品100選 / 新着さんから100 / 送料無料ショップ / もちもちロール / 送料無料ショップ / emsダイエット / ホットシャワー3 /
忍者ブログ[PR]