忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/11/22 00:42 |
線虫の新規snRNPsはトランススプライシングに
昨日の夜はサッカーがあってそのまま2時過ぎ位まで寝られなかった。

最近はそんな日がおおいなあ。

今日はこの論文を斜め読みからはじめるか。
RNA. 2007 Apr;13(4):511-20. Epub 2007 Feb 5.  Links

A novel family of C. elegans snRNPs contains proteins associated with trans-splicing.


Blumenthal T  昨日と一緒の著者。 

続けて同じ著者のほうが読みやすいかな。

Blumenthal Tはトランススプライシングの分野で精力的にがんばっている人らしい。

今回の論文は、SLプロテインと新規に見つかった線虫のSL snRNPについての話。

SL75pとSL21pとそのパラログSL26pがある。
そのうちSL75pとSL21pがSL1のsnRNPコンプレックスに含まれている。

SL26pは含まれていない。

しかし、SL26pはSm Yという新規のsnRNAコンポーネントに含まれている。


SL75pをノックダウンすると致死なのだが、

SL26pとSL21pを個別にノックダウンしても致死にはならず、
SL26pとSL21pを両方ともノックダウンすると致死になる。

これは機能的にSL26pとSL21pがオーバーラップしているからという事を示唆している。

SL26pとSL75pは結合するので、
SL1 RNA complex と Sm Y complexが結合していると思われる。


結局のところ、SLトランススプライシングに線虫で見つかったSm Yコンプレックスが重要な働きをしているのではないかという事が言いたいらしい。


Sm ribonuclearproteins       7つの保存されたSmモチーフをもつタンパク質。SnRNPのコアになる。
image008.jpg

snRNPs





Birkhäuser Verlag, Basel, Switzerland) Oct 61(19-20), D. Schumperli and R. S. Pillai, The Special Sm Core Structure of the U7 snRNP: Far-reaching Significance of a Small Nulcear Ribonucleoprotein, pp2560-1570, 2004, PMID: 15526162.

U1
U2
U4
U5
 
PR

2007/10/18 04:51 | Comments(0) | TrackBack(0) | 論文から

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<線虫オペロン内遺伝子の重複不足 | HOME | トランススプライシングとオペロンのプロセシングをコントロールする線虫のシークエンス>>
サンカラショッピングモール / ダイエット / ビューティー・美容 / 布団・寝具 / 日用品・雑貨 / 家電製品 / 健康・ヘルスケア / 食べ物 / 飲み物 / アクセサリー / 時計 / ファッション / ブランド / ペット用品 / コスプレ / もしもの人気商品100選 / 新着さんから100 / 送料無料ショップ / もちもちロール / 送料無料ショップ / emsダイエット / ホットシャワー3 /
忍者ブログ[PR]